1. ダイエットレスキュー
  2. 食品さやえんどうのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

さやえんどうのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

さやえんどう

さやえんどうはエンドウの未熟な果実のことです。見た目は豆の小さな枝豆のようにも見えますが、さやえんどうの場合はまるごと炒め物やスープ類に使用していただきます。

今回はそんな、さやえんどうのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

さやえんどうのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは、さやえんどうのカロリーから見ていきましょう。

  • さやえんどうのカロリー:36kcal/100gあたり

中に豆が含まれることからカロリーが高めと想像する方もいるかもしれませんが、さやえんどうは100gあたりで36kcalしかありません。1個のあたりの重量は2g前後ですから、50個で36kcal。多めに100個食べても72kcalです。

そのため、カロリー制限中でも食べやすい食品と言えるでしょう。腹持ちもそう悪くありませんし、ビタミンKや葉酸などの栄養も豊富に含まれます。

ただ、炒め物にする際は油を用いることが多いため、カロリーが高くなりがちです。また、卵と一緒に用いた料理や、揚げ物などもカロリーが高くなるでしょう。

さやえんどうは塩茹でなどシンプルな形でも美味しくいただけますので、ぜひ試してみてください。

さやえんどうの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に、さやえんどうの糖質を見ていきましょう。

  • さやえんどうの糖質:4.5g/100gあたり

100gあたりの糖質が5g以内の食品は低糖質と呼ばれます。たっぷり200gを使ったとしても糖質は9gですから、糖質制限的にも摂取しやすい食品と言えるでしょう。

しかも、糖質的には卵との組み合わせや油を使った炒め物も問題ありません。問題があるとすれば煮物で、甘めの味付けにする場合は砂糖を用いるため、やや糖質が高くなってしまいます。糖質制限中の方は砂糖やみりんを使った料理に気を付けてください。

なお、さやえんどうのスナック菓子については、さやえんどうだけでなく米やブドウ糖などが用いられるため糖質が高くなります。商品によっては他のスナック菓子と変わりませんので、基本は摂取を避けるようにしてください。

さやえんどうの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に、さやえんどうの脂質を見ていきましょう。

  • さやえんどうの脂質:0.2g/100gあたり

さやえんどうは他の野菜と同じく脂質をほとんど含みません。ただ、油を使った炒め物や卵との組み合わせは脂質が高くなりやすいです。また、スナック菓子についても植物油などが含まれるため、高脂質でしょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.