1. ダイエットレスキュー
  2. 食品レッドアイのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

レッドアイのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

レッドアイ

レッドアイはビールベースのカクテルであり、トマトジュースを加えることからお洒落な赤色になるのが特徴です。トマトジュースが加わることでビールの苦みが抑えられるうえ、アルコール度数も低くなることから、お酒の味やアルコールが苦手な方でも飲みやすいでしょう。

今回はそんなレッドアイのカロリー、糖質、脂質を考えていきましょう。

レッドアイのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

レッドアイは食品成分表に記載がないものの、材料が基本的にビールとトマトジュースですから簡単に計算することができます。まず、ビールのカロリーが100mlあたり40kcal、トマトジュースが17kcalです。

そして、レッドアイのレシピはビール1に対してトマトジュース1と言われていますから、レッドアイ100mlならビールとトマトジュースを50mlずつ使用することで完成します。

ビールが50mlだと20kcal、トマトジュース50mlが約9kcalですので、レッドアイ100mlは29kcalということになります。

  • レッドアイのカロリー:29kcal/100mlあたり

これは、お酒類の中でも低カロリーな方でしょう。トマトジュースが入るおかげでビールよりも低カロリーですし、ダイエット中でも飲みやすいと思います。

ただ、ビール1缶分の350mlだと100kcalを超えますので、飲みすぎには気を付けてください。

レッドアイの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にレッドアイの糖質を考えていきましょう。先ほど言ったようにレッドアイはビール1に対してトマトジュース1で完成します。そして、ビール50mlの糖質が約1.6g、トマトジュース50mlが約1.7gですので、レッドアイの糖質は100mlあたり約3.3gとなります。

  • レッドアイの糖質:3.3g/100mlあたり

ビールとトマトジュースの糖質がほとんど変わらないため、両者を混ぜて作成するレッドアイの糖質はビールやトマトジュースと同じくらいです。そのため、糖質についてはお酒の中で低いとは言えません。

ビール1缶分の350mlだと糖質は約11.6gにもなりますから、コップ1杯などほどほどの量にしておきましょう。

レッドアイの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

レッドアイはビール1に対してトマトジュース1で作るのですが、ビールは食品成分表で見ると脂質を含んでいません。そして、トマトジュースも100mlあたりで脂質0.1gですので、50mlあたりにすると0.05gになってしまいます。

ただ、小数点第2位まで行くとややこしくなりますし、今回は四捨五入して100mlあたり脂質0.1gとしておきましょう。

  • レッドアイの脂質:0.1g/100mlあたり

0.1g程度の脂質量であれば、ほとんど含んでないと言って差し支えないでしょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.