1. ダイエットレスキュー
  2. 食品シャンディガフのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

シャンディガフのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

noimage

シャンディガフはビールとジンジャーエールを合わせて作るカクテルのことです。ビールの苦みをジンジャーエールの甘みが和らげてくれることから飲みやすさに定評があり、材料がビールとジンジャーエールのみですので自宅でも簡単に作成できます。

今回はそんなシャンディガフのカロリー、糖質、脂質を考えていきましょう。

シャンディガフのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

シャンディガフのカロリーは簡単に計算することができます。一般的なレシピの場合、シャンディガフはビール1に対してジンジャーエール1です。要は、両者を50ml混ぜたと仮定すれば、シャンディガフ100mlのカロリーが分かります。

そして、ビール50mlが20kcal、ジンジャーエール50mlが18kcalですので、「20+18=38」でシャンディガフ100mlは38kcalです。

  • シャンディガフのカロリー:38kcal/100mlあたり

もちろん、ビールやジンジャーエールは商品ごとに少しずつカロリーが違いますし、ぴったり同量で合わせるとは限りませんから、上記の数字からやや外れることもあるでしょう。

とはいえ、ビールとジンジャーエールで極端なカロリー差はありません。そのため、どちらの配分を多くしても大きくカロリーが変わることはないと思われます。

ちなみに、ビール1缶分(350ml)だと133kcalほどで、けっこうなカロリー量になります。くれぐれも飲みすぎないようにしてください。

シャンディガフの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

カロリーと同じく、ビールとジンジャーエールを同量で作ったと仮定してシャンディガフの糖質を考えていきましょう。まず、ビール50mlの糖質が約1.6gほど、ジンジャーエール50mlの糖質が約4.5gほどです。

つまり、「1.6+4.5=6.1」でシャンディガフ100mlの糖質は6.1gとなります。

  • シャンディガフの糖質:6.1g/100mlあたり

ビールの糖質が100mlで約3.2gですから、それなりに高糖質だと分かるでしょう。コップ1杯でも200ml前後はありますので、糖質を10g以上も摂取することになります。

なお、糖質に関してはジンジャーエールの配分が増えることで増加します。そのため、糖質を抑えたい場合はビールの配分をやや増やすのもいいでしょう。

シャンディガフの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

脂質については、もはや計算する意味がありません。というのも、ビールもジンジャーエールもデータ上で見れば100mlあたりの脂質が0gなのです。つまり、シャンディガフも両者の比率に依存せず脂質0gということになります。

  • シャンディガフの脂質:0g/100mlあたり

牛乳などを含んだものは別にして、お酒類は脂質がほとんど含まれないものです。シャンディガフも脂質についてだけは意識せず楽しむことができるでしゅう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.