1. ダイエットレスキュー
  2. 食品シードルのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

シードルのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

シードル

シードルはリンゴ酒とも呼ばれており、その名の通りリンゴを発酵させて作ります。見た目はリンゴジュースよりもジンジャーエールなどに近く、褐色の透明な液体です。日本だけでなく世界各国で愛されるお酒のひとつで、梨が利用されることもあります。

今回はそんなシードルのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

シードルのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはシードルのカロリーから見ていきましょう。

  • シードルのカロリー:38kcal/100mlあたり

シードルのカロリーはアルコール分4.5%のもので100mlあたり38kcalとされています。これは、一般的なビールの100mlあたり40kcalに近い数字ですので、ビールと同じ感覚で飲める、と感がるのが妥当でしょう。

ビールは極端にカロリーが高いわけではないものの、1缶(350ml)だと140kcalにもなるため、カロリー制限中だとやや危険と言われています。シードルも1瓶あたり300ml前後あり、まるまる飲んでしまうと114kcalほど摂取することになりますから、同じくやや危険でしょう。

なお、アルコール飲料のカロリーは度数に依存する部分もあり、アルコール分が6%や7%のシードルだと少しだけカロリーが高くなると思われます。

シードルの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にシードルの糖質を見ていきましょう。

  • シードルの糖質:3.3g/100mlあたり

商品によって多少は異なると思われますが、シードルの糖質は100mlあたり3.3gと言われています。ビールの糖質が100mlあたり約3.1gですので、糖質についてもビールと同じ感覚だと考えてください。

シードル1瓶が300mlだと糖質は9.9gですから、スタンダード糖質制限中の方だと少し摂取が躊躇われますね。1食分の約1/4を摂取してしまうことになります。

とはいえ、一度開封してしまえばどんどん炭酸は抜けていくわけですから、誰かとシェアするのがいいかもしれません。それか、食事の糖質を控えめにしたうえで飲むようにしましょう。

シードルの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にシードルの脂質を見ていきましょう。

  • シードルの脂質:0g/100mlあたり

ご存知の方も多いと思われますが、お酒類というのは基本的に脂質をほぼ含みません。もっと言えば、飲料自体が牛乳などを除けば脂質をほとんど含まないです。

そのため、シードルの摂取において脂質量を気にする必要はありませんが、チーズ類やスナック菓子などをおつまみにする場合は、その脂質量に注意する必要があります。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.