1. ダイエットレスキュー
  2. 食品緑茶のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

緑茶のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

緑茶

緑茶はカテキンが豊富なことで有名なお茶類のひとつです。日本で最も有名なお茶であり、その消費量もトップクラスとされています。なお、海外でも人気のあるお茶で、主にノンカロリーやカテキンの効果があることをプッシュしているようです。

今回はそんな緑茶のカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

緑茶のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは緑茶のカロリーから見ていきましょう。

  • 緑茶のカロリー:0kcal/100mlあたり

冒頭で話したように緑茶はノンカロリーをウリにして海外で販売されています。実際、緑茶が含むカロリーは100mlあたり0kcal。つまり、ほぼカロリーを含んでいません。

言ってしまえば水と同じようなもので、ダイエット中でも気兼ねなく飲むことができます。ただ、カフェインが含まれますので実際に何杯も飲むのは危険かもしれません。

商品によりますが、基本的には缶やペットボトルに入った緑茶もカロリーをほぼ含まないです。そのため、出先でどの飲み物を買おうか迷った際は緑茶を選ぶのがいいでしょう。

また、ウーロン茶やほうじ茶などもカロリーをほぼ含まないため、併せて活用してみてください。

緑茶の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に緑茶の糖質を見ていきましょう。

  • 緑茶の糖質:0g/100mlあたり

緑茶はカロリーだけでなく糖質もほぼ含まない飲料です。そのため、糖質制限ダイエットにぴったりの飲み物と言えるでしょう。

特にペットボトル飲料は甘みが強く糖質の高い商品が多いものです。中には1本で30gや40gの糖質を含むものも珍しくありませんし、コンビニなどで購入する飲料は今日からでも緑茶にしておきましょう。

また、緑茶に限らず玄米茶やプーアール茶なども糖質をほぼ含みませんので、緑茶だけで飽きてしまうと思えば、いろいろなお茶をローテーションしてみてください。

緑茶の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に緑茶の脂質を見ていきましょう。

  • 緑茶の脂質:0g/100mlあたり

なんと、緑茶は脂質もほぼ含みません。つまり、緑茶はカロリーも糖質も脂質もデータ上は0というスーパー飲料です。ダイエットにこれ以上適した飲料もなかなかありませんから、渋みが苦手などの理由が無ければ積極的に取り入れてほしいところです。

ただ、先ほども言ったように緑茶はカフェインを含みますから、極端な摂取は危険かもしれません。また、睡眠前の摂取しすぎると寝つきが悪くなることもありますので、飲みすぎと飲む時間帯に気を付けてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.