1. ダイエットレスキュー
  2. 食品野菜ジュースのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

野菜ジュースのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

野菜ジュースと野菜

手軽に栄養を補給できることで人気の高い野菜ジュースですが、「野菜ジュースは太りやすい」というのを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。でも、本当に野菜ジュースは太りやすいのでしょうか?ここではそんな野菜ジュースがダイエットに向いているかどうかを紹介するために、カロリー・糖質・脂質について調べてみました。

野菜ジュースのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは代表的な3つの野菜ジュースについて、そのカロリーを見ていきましょう。

野菜ジュースの種類カロリー(100gあたり)
野菜ジュース19kcal
トマトジュース17kcal
にんじんジュース28kcal

いずれも100gあたりのカロリーは30kcal以下です。パックに入った野菜ジュースは200mlですので、1パックで摂取するカロリーはこの倍です。それでも十分に低カロリーなのがわかります。カロリーだけ見てみると、野菜ジュースが太りやすいという根拠はありません。

ただし、にんじんジュースは他の野菜ジュースと比べて、ややカロリーが高めです。どうしてもにんじんジュースじゃないと嫌だというのでなければ、にんじんジュース以外を選ぶことで、さらなるダイエット効果を期待できます。

野菜ジュースの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

野菜ジュースの糖質はどうでしょう?甘さを感じるため糖質が多そうですが、糖質量はどれくらいあるのでしょう。

野菜ジュースの種類糖質(100gあたり)
野菜ジュース2.9g
トマトジュース3.3g
にんじんジュース6.5g

意外かもしれませんが、糖質もそれほど高くありません。にんじんジュースの糖質がやや高めですが、それでも100gあたり6.5gしか含まれていません。200mlですと13gなので、糖質制限でもにんじんジュースは避けたいところですが、他の野菜ジュースならそれほど糖質も多くありません。

ただし、野菜ジュースを飲めば飲むほど、食事で摂取していい糖質量が減ってしまいます。健康にいいからといって何本も飲んでいると、簡単に糖質オーバーになりますので、糖質制限なら1日1本を目安にしてください。

野菜ジュースの脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

カロリーでは問題なく、糖質でも野菜ジュースの種類によっては、ダイエットに使うことができることがわかりました。それではダイエットをしている人が気になる資質はどうでしょう?

野菜ジュースの種類脂質(100gあたり)
野菜ジュース0.0g
トマトジュース0.0g
にんじんジュース0.1g

野菜ジュースには脂質が含まれず、トマトジュースやにんじんジュースでも100gで0.1gしか脂質を含んでいません。1日何十本も野菜ジュースを飲むのであれば脂質も気になりますが、数本くらいであれば、まったく問題ありません。

野菜ジュースを飲むときは、脂質のことを考える必要はありません。脂質制限でダイエットをしているのであれば、自由に飲んでしっかりと栄養補給に活用しましょう。

ダイエット中に野菜ジュースを飲むときのコツ

ポイントを教える女性

野菜ジュースは太ると言われていますが、栄養成分をチェックすると、太る要素はそれほどないことを分かってもらえたかと思います。ただし、もっと効果的にダイエットをしたいのであれば、下記の3点を意識してください。

  • 砂糖が入っていないか確認する
  • 食事を補うものとして飲む
  • できるだけ自分で作る

野菜ジュースの中には砂糖が含まれている商品もあります。ダイエット中は絶対にこれはNGです。果物が入っている場合も、ダイエット中はあまりおすすめできません。きちんと原材料に砂糖が入っていないことを確認してから、ダイエットに最適な商品を選びましょう。

さらに効果的にダイエットするなら、これまでの食事に野菜ジュースを加えるのではなく、食事の一部を置き換える形で取り入れてください。これまでと同じ食事をして、さらに野菜ジュースを飲んだのでは、カロリーも糖質も過剰摂取になってしまいます。

また、市販品の野菜ジュースは加熱処理をされているため、できれば自分で作るようにしましょう。摂取できる栄養成分が多く、ミキサーで作れば食物繊維も多く摂取できます。お手軽な市販品もいいですが、毎日飲むなら自家製の野菜ジュースがおすすめです。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.