1. ダイエットレスキュー
  2. 食品チロルチョコのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

チロルチョコのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

noimage

チロルチョコは1個20円(駄菓子屋の場合は10円のことも)で購入できる台形柱のミニサイズチョコレート菓子です。季節などに合わせた限定商品や、各企業とのコラボレーション商品も多く、コンビニに行くたびに違う種類を見かけることができます。

今回はそんなチロルチョコのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

チロルチョコのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはチロルチョコのカロリーから見ていきましょう。

チロルチョコの種類カロリー(1個あたり)
ミルク58kcal
ホワイト&クッキー53kcal
コーヒーヌガー49kcal
ビス26kcal
アーモンド34kcal

チロルチョコと一口に言っても様々な種類があり、当然ながら種類によって原材料が違うためカロリーや糖質量にも違いが生じます。なお、バリエーションについては季節などで次々に変わっていきますが、上記あたりは定番と言えるでしょう。

こうしてみると、最もポピュラーとも言えるミルクが最も高カロリーだと分かります。これは、ビス(ビスケット)などに比べてチョコレートだけで構成されるためかもしれません。

ミルクやホワイト&クッキーあたりだと2個で100kcalを超えてしまうため、ダイエット中の摂取はやや難しいです。1個で我慢できる自信が無い方はビスやアーモンドなど低カロリーな種類を選ぶのが無難でしょう。

もちろん、それにしてもチロルの中で低カロリーなだけです。3個4個と食べればカロリーオーバーの原因になることは忘れないでください。

チロルチョコの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にチロルチョコの糖質を見ていきましょう。

チロルチョコの種類炭水化物(1個あたり)
ミルク5.3g
ホワイト&クッキー6.2g
コーヒーヌガー5.9g
ビス2.9g
アーモンド2.0g

チロルチョコの栄養成分に食物繊維量の記載が無いため、上記は炭水化物量になります(糖質は炭水化物-食物繊維)。とはいえ、ミルクやコーヒーヌガーあたりはほぼ食物繊維を含まないでしょう。他の種類についてもサイズから考えるに微々たるものだと思われます。

ミルク味の重さが1個あたり11.5gと言われますので、やや大雑把ではありますが半分程度が糖質で構成されることになります。これは、一般的なチョコレートと同じくらいの糖質量です。

このミルク味ですら糖質は高い方ですから、それを上回るホワイト&クッキーやコーヒーヌガーは危険と言えるでしょう。糖質が5gを超える商品の場合は多くても1個。それ以下の商品でも糖質摂取量が5g前後に収まるよう、量を調整してください。

チロルチョコの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にチロルチョコの脂質を見ていきましょう。

チロルチョコの種類脂質(1個あたり)
ミルク3.7g
ホワイト&クッキー2.9g
コーヒーヌガー2.6g
ビス1.4g
アーモンド2.0g

脂質の数字はカロリー量と比例していることが多く、チロルチョコもそのようになっていますね。ミルクがカロリー、脂質共にトップクラス。対してビスはカロリーも脂質もミルクの半分以下です。

そのため、一概には言えないのですが、やはり低脂質とは言えないでしょう。ビスやアーモンドならともかく、ミルクやコーヒーヌガーになると1個の摂取が命取りになる可能性もあります。

脂質がやや高めのチロルチョコを食べるときは、食事の脂質量を控えめにするのがいいですよ。

チロルチョコの大人買いはしない

ポイントを教える女性

冒頭で話したように、チロルチョコは1個20円程度ですから、大人の経済力があれば簡単に箱買いが出来てしまいます。いわゆる大人買いというやつです。

確かに、チロルチョコを1個や2個の少量で買うのは気がひけますし、そもそもお店によっては箱販売しかしていないこともあります。しかし、箱で購入して置いておくと、ついつい食べ過ぎてしまうことが多いです。

誘惑には絶対に負けない、という方なら大丈夫かもしれませんが、「アルコールを飲んだ勢いでつい」なんて可能性も考えられますし、出来るだけ箱買いは避けるようにしてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.