1. ダイエットレスキュー
  2. 食品キャラメルコーンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

キャラメルコーンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

キャラメルコーン

キャラメルコーンは甘い系スナックの代表ともいえる存在。ミルクキャラメルの濃厚な甘みと軽い口当たりが特徴で、公式によれば、ふんわり、サクサク、すうっと、口の中でとろけるようです。

今回はそんなキャラメルコーンのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

キャラメルコーンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはキャラメルコーンのカロリーから見ていきましょう。

  • キャラメルコーンのカロリー:514.5kcal/1袋(91g)あたり

大方の予想通り、キャラメルコーンは非常にカロリーの高いお菓子です。1袋あたりだと500kcalを超えてしまい、人によっては1食分のカロリーを満たせてしまいます。

しかし、キャラメルコーンには1食分の満足感や栄養素はなく、食事の代わりにはなりません。少し言い過ぎではありますが、カロリー補給用のチョコレートに負けず劣らずの数字ですから、ダイエット中の摂取は控えめにしましょう。

間食は100kcal前後に抑えたいところですので、5日くらいに分けて食べるのがよさそうです。湿気てしまうのが嫌な場合は23g入りの小袋を使う手もありますが、こちらは1袋で約130kcalあります。

キャラメルコーンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にキャラメルコーンの糖質を見ていきましょう。

  • キャラメルコーンの炭水化物:53g/1袋(91g)あたり

キャラメルコーンの栄養成分表には食物繊維の記載がないため、今回は炭水化物量を糖質として扱いましょう。食物繊維量が分かる場合は「炭水化物-食物繊維=糖質」です。

単純に甘い味付けのせいもありますが、キャラメルコーンの場合はコーングリッツと呼ばれるトウモロコシの穀粒を用いて作るため、どうしても糖質が高くなります。

1袋でスタンダード糖質制限の1食分である糖質40gを大幅にオーバーするため、基本的に摂取はしない方がいいと考えてください。小袋の方であれば13.4gほどの糖質で抑えられるものの、これも間食の糖質としては高すぎです。

なお、ポテトチップスなどしょっぱい系のスナックとの糖質差はそうありません。比較する商品によってはキャラメルコーンの方が低いこともあるくらいです。

キャラメルコーンの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にキャラメルコーンの脂質を見ていきましょう。

  • キャラメルコーンの脂質:32g/1袋(91g)あたり

そもそもスナック系は油を用いて揚げることが多く脂質が高めの傾向にあるのですが、キャラメルコーンはその中でも特に高脂質かもしれません。

これは、ピーナッツを用いていることなども関係しているのでしょう。1袋だと成人男性が1食に摂取できる脂質20gの1.5倍ほどありますので、まるまる1袋の摂取は避けるべきだと思います。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.