1. ダイエットレスキュー
  2. 食品プリングルスのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

プリングルスのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

noimage

プリングルスは円筒形の容器に入ったポテトスナックのことです。ご存知の方も多いと思いますが、日本の商品ではなくプロクター・アンド・ギャンブルというアメリカの会社が開発したもので、日本においては森永製菓から販売されています。

今回はそんなプリングルスのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

プリングルスのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはプリングルスのカロリーから見ていきましょう。

プリングルスの種類カロリー(100gあたり)
サワークリーム&オニオン525kcal
ハラペーニョ&オニオン526kcal
うましお味531kcal
チーズグラタン520kcal

プリングルスには様々なバリエーションがあるものの、上記あたりが定番商品でしょう。他にも期間限定商品などが販売されているかもしれませんが、上記の4つでカロリー差がほとんどないことから、他のバリエーションも同じくらいのカロリーだと思われます。

プリングルスの場合、容量が110gにも関わらず100gあたりの栄養成分表示となっているため、1個あたりのカロリーをもとめるには上記数字を1.1倍にしなくてはなりません。つまり、サワークリーム&オニオンなら1個あたりのカロリーは約578kcalです。

これは、成人女性の1食分に相当するカロリー量です。プリングルスが牛丼や親子丼などのようにワンプレートメニューならまだしも、あくまでも間食ですから高カロリーと言わざるを得ません。

小さい方のサイズでも53g、つまり278kcal前後はありますから、カロリー制限中の摂取は厳しいところです。食べるにしても、1日あたり小さなサイズの方の1/3くらいにしておきましょう。

プリングルスの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にプリングルスの糖質を見ていきましょう。

プリングルスの種類炭水化物(100gあたり)
サワークリーム&オニオン58.0g
ハラペーニョ&オニオン57.6g
うましお味57.7g
チーズグラタン60.7g

上記は炭水化物量になりますが、おそらくプリングルスに食物繊維はそう多く含まれませんので、ほぼ糖質だと考えても問題ありません。

やはり、ジャガイモや小麦などを原料とするため非常に高糖質です。しかも、1個(110g)あたりだと上記数字を1.1倍するのですから、実際は63g前後の糖質を摂取することになります。

これは、スタンダード糖質制限の1.5食分。1日の半分の糖質量であり、それを栄養価がそう高くなく、腹持ちもよくはないポテトスナックで摂取するのはおすすめできません。

また、小さなサイズでも30g前後は糖質を含むため、基本的には糖質制限中の摂取を避けた方がよさそうです。

プリングルスの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にプリングルスの脂質を見ていきましょう。

プリングルスの種類脂質(100gあたり)
サワークリーム&オニオン29.3g
ハラペーニョ&オニオン30.2g
うましお味30.1g
チーズグラタン28.7g

プリングルスもジャガイモ等を油で揚げたお菓子ですから、当然ながら脂質は高くなります。110g入りの1個だと種類に限らず脂質30gオーバーです。

しかし、1食に摂取できる脂質は16~20g程度しかありません。つまり、プリングルスは脂質的に考えてもダイエットに向かないおかしなわけです。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.