1. ダイエットレスキュー
  2. 食品チョコボールのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

チョコボールのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

noimage

チョコボールと言えば金のエンゼルと銀のエンゼルでしょう。金なら1枚、銀なら5枚のエンゼルを集めることで期間によって変わるおもちゃのカンヅメを受け取ることができます。そのため、見かけると宝くじ感覚で購入してしまうことも少なくないでしょう。

今回はそんなチョコボールのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

チョコボールのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはチョコボールのカロリーから見ていきましょう。

チョコボールの種類カロリー(1箱あたり)
ピーナッツ160kcal
キャラメル137kcal
いちご139kcal

期間限定商品などは除くとして、チョコボールの定番と言えば上記の3つでしょう。最もポピュラーなのがピーナッツでしょうか。基本的にコンビニやスーパーだとキャラメルといちごも一緒に並んでいることが多いです。

上記のうち、ピーナッツが最も高カロリーなのは、単純にピーナッツが原因でしょう。実はピーナッツの重さに対するカロリー量はチョコレートを上回ります。

とはいえ、どれにしても1箱だと100kcalを超えますので、カロリー制限中ならまるまるの摂取は止めた方がいいかもしれません。チョコボール1箱に入っている粒数がおおむね18粒前後と言われますから、1粒あたりだとピーナッツで9kcalほど。100kcal以内に抑えるなら10粒か11粒程度で我慢しておくのがよさそうです。

キャラメルやいちごならもう少し多めに食べられるかもしれませんが、油断はしないように。安全を考慮するなら、やはり10粒くらいでやめておくのがベストです。

チョコボールの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にチョコボールの糖質を見ていきましょう。

チョコボールの種類炭水化物(1箱あたり)
ピーナッツ13.4g
キャラメル19.0g
いちご15.5g

チョコボールの栄養成分には炭水化物しか記載されていません。糖質とは「炭水化物-食物繊維」ですので、糖質は上記数字より低い可能性もあります。特に、ピーナッツは100gあたり7.4gの食物繊維を含むため、0.3g前後は下がりそうです。

キャラメルの糖質が高いのは外側のチョコも内側のキャラメル部分も高糖質だからでしょう。そのため、カロリー制限的にはキャラメルでも、糖質制限的にはピーナッツを選ぶ方がいいかもしれません。

ピーナッツだと1粒の糖質は0.7g前後だと思われます。糖質制限中で間食の糖質を5g程度に抑えている場合は7粒くらいが限度でしょうか。やはり、チョコレートの糖質が高いためたっぷりは食べられません。

チョコボールの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にチョコボールの脂質を見ていきましょう。

チョコボールの種類脂質(1箱あたり)
ピーナッツ10.3g
キャラメル6.1g
いちご8.2g

ピーナッツの脂質が高いため、チョコボールの脂質はピーナッツが最も高くなります。この脂質のせいでカロリーも高くなっていると考えて間違いないでしょう。

1食に摂取できる脂質は16~20gとそう多くないため、ピーナッツなら1箱の1/3くらいに摂取量を抑えたいところです。粒数にすると6粒前後でしょう。キャラメルだと10粒くらいは大丈夫かもしれませんが、油断は禁物です。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.