1. ダイエットレスキュー
  2. 食品とんがりコーンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

とんがりコーンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

とんがりコーン

とんがりコーンは三角コーンのような形をしたスナック菓子のこと。中心が空洞でちょうど指がはまるため、子供だと尖った爪に見立てて遊ぶことも少なくありません。また、箱入りのものはパッケージも独特で、普通の四角形ではなく六角形の箱で店頭に並んでいます。

今回はそんなとんがりコーンのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

とんがりコーンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはとんがりコーンのカロリーから見ていきましょう。

  • とんがりコーン(あっさり塩)のカロリー:409kcal/1箱(75g)あたり
  • とんがりコーン(焼とうもろこし)のカロリー:406kcal/1箱(75g)あたり

とんがりコーンは75g入りのもので1箱あたり409kcalほど。これを100gあたりに直すと約545kcalになりますから、スナック類らしいカロリーの高さと言えるでしょう。

商品にもよりますがポテトチップスなどとカロリー的には違いがありません。1箱はもちろんのこと、半分程度の摂取でもダイエット中のおやつとしては高カロリーすぎます。

幸いにもとんがりコーンには21g入りのミニパッケージが存在しており、こちらなら約115kcalほどです。それでも100kcalを超えるあたり、やや多いかなという気はしますが時々であればギリギリ許容範囲でしょう。

とんがりコーンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にとんがりコーンの糖質を見ていきましょう。

  • とんがりコーン(あっさり塩)の炭水化物:45.8g/1箱(75g)あたり
  • とんがりコーン(焼とうもろこし)の炭水化物:46.2g/1箱(75g)あたり

本来は「糖質=炭水化物-食物繊維」ですが、とんがりコーンの栄養成分表には食物繊維の項目が無いため今回は炭水化物を糖質として扱います。

スタンダード糖質制限の1食分が糖質40gですので、どちらの味でも1箱まるまる食べてしまうと糖質オーバーです。1食に60gまでの糖質を摂取できるプチ糖質制限であれば糖質オーバーはないものの、おやつだけで2/3以上の糖質を持っていかれるのは辛いでしょう。

このことから、とんがりコーンは糖質制限に向かないと言えます。21g入りの小さなパッケージでも糖質が約12.8gも含まれるので気を付けてください。

とんがりコーンの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にとんがりコーンの脂質を見ていきましょう。

  • とんがりコーン(あっさり塩)の脂質:23.4g/1箱(75g)あたり
  • とんがりコーン(焼とうもろこし)の脂質:22.8g/1箱(75g)あたり

とんがりコーンの商品説明を見ると、コーンを素材に植物油で仕上げ、とあります。つまり、とんがりコーンはトウモロコシから作った生地を揚げて完成するわけです。

この揚げる工程で生地が油を吸収するため上記のように脂質が高くなり、1箱だと1食分を少し上回る脂質を摂ることになってしまいます。脂質は1食あたり16~20gくらいしか摂取できませんので、食事との合計脂質がこれを超えないように調整してください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.