1. ダイエットレスキュー
  2. 食品キムチチャーハンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

キムチチャーハンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

キムチチャーハン

発汗も良くなって痩せやすいということで、キムチダイエットをしている人もいますよね。実際のところキムチ料理で本当に痩せることができるのでしょうか?例えばキムチチャーハンのようなガッツリ料理でもきちんと痩せられる?それとも太ってしまうのでしょうか?

ここではそんなキムチチャーハンのカロリーや糖質をご紹介しながら、キムチチャーハンがダイエットに向いているのかどうかについて説明します。

キムチチャーハンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

それではまずキムチチャーハンのカロリーを見ていきましょう。キムチチャーハンだけでは分かりづらいので、キムチを使った他の料理と比較しながら見ていきましょう。

種類カロリー(1人前あたり)
キムチチャーハン516kcal
キムチチゲ373kcal
豚キムチ337kcal

1人前のキムチチャーハンに含まれるカロリーは516kcalです。1人前がどれくらいの量なのかにもよりますが、ここでは300g程度を想定しています。女性が1食で摂取するカロリーの目安が583kcalですので、なんとか許容範囲内に収まります。

ただし、キムチチゲや豚キムチなどと比べると、カロリーは高めです。チャーハンのご飯にたくさんのカロリーが含まれていますので、よりカロリーを減らしたい場合は、ご飯のないキムチ料理を選ぶようにしましょう。

キムチチャーハンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

それでは次に、キムチチャーハンの糖質についても見ていきましょう。糖質制限中はご飯がNGですが、キムチチャーハンでもやはりNGなのでしょうか。

種類糖質(1人前あたり)
キムチチャーハン62.7g
キムチチゲ31.1g
豚キムチ4.7g

キムチチャーハンに含まれる糖質量は62.7gです。スタンダードな糖質制限では、1食あたりの糖質量を40g以下に抑えなくてはいけません。キムチチャーハンは明らかに糖質オーバーですので、糖質制限には向いていません。

糖質制限中にキムチ料理を食べるなら、ご飯のない豚キムチなどを選ぶようにしましょう。豚キムチであれば糖質がかなり低いため、お腹いっぱい食べても太ることはありません。糖質制限中はチャーハンなどのご飯ものは避けて、肉中心の食事に切り替えましょう。

キムチチャーハンの脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

ダイエットをしている人は、カロリーや糖質だけでなく、脂質も気になりますよね。キムチチャーハンの脂質はどれくらいあるのでしょう?

種類脂質(1人前あたり)
キムチチャーハン19.6g
キムチチゲ19.6g
豚キムチ26.9g

キムチチャーハン1人前に含まれる脂質は19.6gです。女性が1食で摂取する脂質の目安は16.2gですので、脂質オーバーでNGです。男性なら21.3gまでが許容範囲内ですので、ギリギリ食べることが出来ます。

とはいえ、料理方法や分量によっては簡単にNGになってしまいます。このため、基本的には男性でも脂質制限中には食べないのが理想です。どうしても食べる場合には、それ以降の食事で脂質の少ないものを選ぶようにしましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.