1. ダイエットレスキュー
  2. 食品キムチチゲのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

キムチチゲのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

キムチチゲ

韓国料理の中でも、キムチチゲが大好きだという人は多いですよね。食べるとしっかり汗をかきますので、ちょっと痩せたような気分になれます。でも本当に痩せられるのかどうか気になりませんか?美味しく食べて痩せられたら嬉しいですよね。

ここではそんなキムチチゲがダイエットに向いているのかどうか、カロリーや糖質の値を紹介しながら説明していきます。

キムチチゲのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

それではまずキムチチゲのカロリーを見ていきましょう。キムチチゲだけではカロリーが高いかどうかわかりづらいので、他のキムチ料理と比較しながら見ていきましょう。

種類カロリー(1人前あたり)
キムチチゲ373kcal
キムチチャーハン516kcal
豚キムチ337kcal

キムチチゲ1人前に含まれるカロリーは373kcalです。1人前の量によってカロリーが大きく変わりますが、ここでは300gくらいの値だと考えてください。女性が1食で摂取するカロリーの目安が583kcalですので、まだ200kcalくらいの余裕があります。

豚キムチと比べるとややカロリーが高めですが、キムチチャーハンよりはかなり少ないため、カロリー制限ダイエットに適した料理のひとつです。キムチ好きの人はダイエット食として積極的に取り入れていきましょう。

キムチチゲの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

それでは次に糖質についても見ていきましょう。カロリーと同じように糖質も少なめで、ダイエットに向いているのでしょうか?

種類糖質(1人前あたり)
キムチチゲ31.1g
キムチチャーハン62.7g
豚キムチ4.7g

1人前のキムチチゲに含まれる糖質量は31.1gとかなり高めです。ただし、糖質を紹介しているサイトによっては15g以下となっていることもあります。15gであれば問題ありませんが、31.1gとなるとちょっと悩ましい値になります。

スタンダードな糖質制限をする場合には、1食あたりで摂取する糖質量を40gまでに抑える必要があります。31.1gですと、他の料理でほとんど糖質を摂れなくなってしまいます。作るレシピによって糖質量が大きく変わるのがキムチチゲです。判断が難しい料理ですので、糖質制限中はあまり選ばないことをおすすめします。

キムチチゲの脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

カロリー制限では問題なく、糖質制限ではできるだけ避けたいという結果になりましたが、脂質制限ならどうなのでしょう?キムチチゲには脂質が多く含まれているのでしょうか?

種類脂質(1人前あたり)
キムチチゲ19.6g
キムチチャーハン19.6g
豚キムチ26.9g

キムチチゲ1人前に含まれている脂質の量は19.6gです。女性が1食で摂取する脂質の目安が16.2gですので、女性の場合は脂質オーバーです。男性は21.3gが目安ですので、食べられますが、やはりこちらもレシピによって値が上下します。

基本的には脂質制限中もキムチチゲは避けておいたほうが確実です。ただし、極端にオーバーするというわけではありませんので、次に食べる食事で脂質を減らすようにすれば食べることもできます。どうしても食べたいときは、1日の食事の中で脂質の量をコントロールして食べましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.