1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ヤングドーナツのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ヤングドーナツのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

noimage

ダイエット中でもドーナツはやめられない。そういう人にとって、小さいサイズのヤングドーナツはとてもありがたい商品ですが、それでもドーナツであることには違いありません。小さいからと言って、必ずしもヤングドーナツがダイエットに適しているとは限りません。

ここではヤングドーナツのカロリーや糖質をご紹介しながら、ヤングドーナツがどれくらいダイエットに向いているのかどうかを説明します。

ヤングドーナツのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

それではまず、ヤングドーナツのカロリーについて見ていきましょう。ここでは人気のチョコ味も含めて、その値をご紹介します。

種類カロリー(1袋50gあたり)
ヤングドーナツ250kcal
ヤングドーナツ チョコ味250kcal

ヤングドーナツはいずれも1袋50gで、含まれているカロリーは250kcalです。思ったよりも高いのではないでしょうか?カロリー制限でダイエットをするなら、間食での摂取カロリーは100kcal以下に抑えたいところです。

小さくてもやはりドーナツです。カロリー制限とヤングドーナツは相性が良くありませんので、しっかり痩せるまで食べるのを我慢しましょう。どうしても食べたいのであれば、1日に2個までにして、残りは家族や友人にあげてください。

ヤングドーナツの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

それでは次にヤングドーナツの糖質について見ていきましょう。ヤングドーナツは糖質量を公表していませんので、ここでは簡易的に炭水化物量を糖質量としてご紹介します。

種類糖質(1袋50gあたり)
ヤングドーナツ22.5g
ヤングドーナツ チョコ味26.9g

プレーンのヤングドーナツに含まれる糖質量は22.5gで、チョコ味は26.9gです。チョコ味のほうが高めですが、糖質制限で考えるとどちらもNGです。スタンダードな糖質制限では、1食で摂取していい糖質量は40gまでです。ヤングドーナツを食べると、食事での糖質量をかなり減らさなくてはいけなくなります。

基本的に糖質制限中は小麦粉製品と砂糖は避けなくてはいけません。ヤングドーナツはどちらも含まれていますので、糖質制限中には食べないようにしてください。

ヤングドーナツの脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

カロリー制限にも糖質制限にも適していないヤングドーナツですが、脂質制限ならどうでしょう?ヤングドーナツにはどれくらいの脂質が含まれているのでしょう。

種類脂質(1袋50gあたり)
ヤングドーナツ10.8g
ヤングドーナツ チョコ味14.9g

ヤングドーナツ1袋に含まれる脂質量は、プレーンで10.8g、チョコ味で14.9gです。チョコ味のほうが高めですが、プレーンでもかなりの脂質が含まれています。女性が1食で摂取する脂質の目安が16.2gですので、間食で10.8gの脂質はあきらかに脂質オーバーです。

残念ながらヤングドーナツは脂質制限にも適していないお菓子です。どんなダイエット方法にも向いていませんので、ダイエット中には食べないようにしてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.