1. ダイエットレスキュー
  2. 食品soyjoyのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/04/03更新

soyjoyのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

noimage

栄養豊富な大豆を使用して作られているsoyjoy。忙しい朝のごはんや、仕事中の間食などに利用している人も多いと思いますが、ところがsoyjoyは栄養調整食品ではなく、分類としてはお菓子にあたるため、ダイエットに向いていない可能性があります。

ここではそんなsoyjoyのカロリーや糖質をご紹介しながら、soyjoyがダイエットに向いているのかどうかについて説明します。

soyjoyのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

それではまず、soyjoyのカロリーから見ていきましょう。ちょっとした時間でも栄養補給ができるsoyjoyにはどれくらいのカロリーが含まれているのでしょう?

種類カロリー(1本あたり)
soyjoy ブルーベリー(フルーツ系:30g)135kcal
soyjoy ストロベリー(フルーツ系:30g)133kcal
soyjoy 2種類のApple(フルーツ系:30g)134kcal
soyjoy 3種類のレーズン(フルーツ系:30g)133kcal
soyjoy 黒糖&サンザシ(フルーツ系:30g)127kcal
soyjoy バナナ Ca プラス(フルーツ系:30g)129kcal
soyjoy アーモンド&チョコレート(ナッツ系:30g)146kcal
soyjoy ピーナッツ(ナッツ系:30g)144kcal
soyjoy ホワイトマカダミア(クリスピーシリーズ:25g)133kcal
soyjoy プレーン(クリスピーシリーズ:25g)
123kcal
soyjoy ミックスベリー(クリスピーシリーズ:25g)119kcal
soyjoy ミックスベリー(クリスピーシリーズ:25g)120kcal

soyjoyは大きく分けて3種類に分類することができます。果実が多く含まれるフルーツ系と、お腹にたまりやすいナッツ系、そしてサクサク食感のクリスピーシリーズです。カロリーは種類ごとに違いますが、119~146kcalになっています。

119~146kcalはダイエット中の間食としては、やや高めですが食事でのカロリーを調整できればギリギリ許容範囲内に収まります。食事とのバランスを取りながら食べるようにしてください。

間食ではなく食事の代わりに食べる場合は、カロリー不足が心配です。仕事中や勉強中に力が入らなくなることもありますので、ダイエット中でも、食事にsoyjoy1本だけというのは避けるようにしましょう。

soyjoyの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

それでは次にsoyjoyの糖質について見ていきましょう。大塚製薬ではsoyjoyを糖質コントロールしやすい食品としていますが、実際のところはどうなのでしょう?

種類糖質(1本あたり)
soyjoy ブルーベリー(フルーツ系:30g)10.7g
soyjoy ストロベリー(フルーツ系:30g)10.7g
soyjoy 2種類のApple(フルーツ系:30g)11.1g
soyjoy 3種類のレーズン(フルーツ系:30g)10.8g
soyjoy 黒糖&サンザシ(フルーツ系:30g)13.7g
soyjoy バナナ Ca プラス(フルーツ系:30g)12.5g
soyjoy アーモンド&チョコレート(ナッツ系:30g)7.1g
soyjoy ピーナッツ(ナッツ系:30g)6.7g
soyjoy ホワイトマカダミア(クリスピーシリーズ:25g)5.9g
soyjoy プレーン(クリスピーシリーズ:25g)
7.1g
soyjoy ミックスベリー(クリスピーシリーズ:25g)7.8g
soyjoy ミックスベリー(クリスピーシリーズ:25g)6.7g

フルーツ系のsoyjoyに含まれる糖質は1本11g程度です。ナッツ系やクリスピーシリーズは糖質量が10g以下です。スタンダードな糖質制限をするなら、1食での糖質摂取量を40g以下にしなくてはいけません。間食で糖質を摂った場合は、食事での糖質量を減らす必要があります。

フルーツ系は糖質がやや高めですので、糖質制限をしている場合は、フルーツ系は避けて、ナッツ系やクリスピーを選ぶようにしましょう。ホワイトマカダミアなら、1本で5.9gしか糖質が含まれていませんので、糖質制限中の間食としておすすめです。

soyjoyの脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

ダイエットをしている人はカロリーや糖質だけでなく、脂質も気になりますよね。soyjoyにはどれくらいの脂質が含まれているのでしょう?

種類脂質(1本あたり)
soyjoy ブルーベリー(フルーツ系:30g)7.6g
soyjoy ストロベリー(フルーツ系:30g)7.3g
soyjoy 2種類のApple(フルーツ系:30g)7.1g
soyjoy 3種類のレーズン(フルーツ系:30g)7.3g
soyjoy 黒糖&サンザシ(フルーツ系:30g)5.6g
soyjoy バナナ Ca プラス(フルーツ系:30g)6.4g
soyjoy アーモンド&チョコレート(ナッツ系:30g)9.9g
soyjoy ピーナッツ(ナッツ系:30g)9.5g
soyjoy ホワイトマカダミア(クリスピーシリーズ:25g)9.1g
soyjoy プレーン(クリスピーシリーズ:25g)
7.3g
soyjoy ミックスベリー(クリスピーシリーズ:25g)6.7g
soyjoy ミックスベリー(クリスピーシリーズ:25g)7.1g

種類ごとにばらつきがありますが、soyjoyに含まれる脂質は5.6~9.9gです。女性が1食で摂取する脂質の目安が16.2gですので、間食の脂質としてはいずれもやや高めです。脂質制限をしている人は、食事で脂質を多めに摂ったときはsoyjoyを食べないようにしましょう。

ただし、脂質に関しては減らせばいいというものではありません。健康維持のために一定量は摂取しなくてはいけませんので、食事での脂質量を減らしすぎたときなどは、soyjoyを上手に活用して、脂質不足を補ってください。

ダイエット中にはカロリーコントロール80

ポイントを教える女性

soyjoyはダイエット中でなければちょうどいい食品ですが、ダイエット中の間食としては、積極的にはおすすめできません。もしダイエット中に間食として食べたいのであれば、1本を80kcalにして作られたカロリーコントロール80がおすすめです。

種類カロリー糖質脂質
ストロベリー(1本18.1g)80kcal6.4g4.4g
ブルーベリー(1本17.8g)80kcal6.3g4.5g
アーモンド&チョコレート(1本16.4g)80kcal3.9g5.4g

カロリーや糖質、脂質がすべて抑えられているのが分かりますよね。これくらいの値であれば、どのダイエット方法でも問題なく食べることができます。1本80kcalというのは食事療法などで使われているカロリー単位ですので、栄養バランスを気にしている人にも最適です。

しっかりとたんぱく質を摂ることもでき、栄養価も高いsoyjoyですので、ダイエット中はカロリーコントロール80を活用して、無理のないダイエットを進めていきましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.